【経年変化の記録】IRON DRESS ストレートチップ 1年

目次

1年経過

千葉県 印西市にあるLEATHER PORT

その小さなアトリエでは、IRONDRESSと名もなきビジネスシューズという2つのラインを構える。

しかし、2021年7月現在、残念ながらオーダーはストップしている。

どういう形式になるのか公式からのアナウンスはないが、再開が待たれる。

MTOのオーダーシューズの中では手頃でありながら、中国の若手職人による本格的な靴が作ってもらえた。

ブランド名IRON DRESS
モデルストレートチップ
ヌメ革(ワインハイマー)
カラー黒に近いグレー(手染め)
サイズ8C
購入場所LEATHER PORT

この靴も手元に届いてから1年となる。

どれだけ履き込んだのか?

どんな変化をしたのか?

記録として残していく。

どれだけ履いた?

この靴は色味こそクセがあるが、ストレートチップということもあって仕事で履くことが多かった。

基本的に晴れた日のみに着用していたが、何度か突然の雨にさらされたこともある。

着用回数や時間、ケアの回数はこのようになっていた。

着用回数37回
着用時間342時間
手入れ回数9回

クリームは基本的にはニュートラルのものを使用。

色味が好みだったので、そこを邪魔しないようにしていた。

使用していたクリーム
  • BriftH THE CREAM
  • SAPHIR NOIR CREME1925
あわせて読みたい
【徹底検証】革靴のクリーム10種を比較 結局なにが違うのか?
【徹底検証】革靴のクリーム10種を比較 結局なにが違うのか?【結局どれが良い?】靴磨きをしよう。そう思い立った時に、ネットで調べて見ると、とりあえず乳化性クリームを選んでおけば心配ないと知る。同時に、より一層光沢をも...

どんな変化をした?

それでは342時間の履き込みでどんな変化をしたのかを見てみる。

まずは新品時との比較。

明るさの関係もあるが、少し色味が抜けたように感じる。

LEATHER PORTの代表である井熊さんからも、手染めなので徐々に色味は変化していくと聞いていた。

この抜け具合、個人的にはかなり好み。

ここからは細部を見ていく。

トゥ

まずはトゥ。

ぱっと見は綺麗に見えるが・・・

右足はいつだかにぶつけてしまったのか?

めくり上がってしまった箇所がある。

これからはワックスでうまいことマスクしていく方が良いか。

甲の履きシワはしっかりと刻まれている。

前回の記録でも記録したが、キャップにも一部シワが入ってしまっている。

サイド

内側、外側ともに細かい傷はあるが、それも味として片付ける。

かなり細身のラストだが、土踏まずに圧迫感を感じるほどではない。

フラットな底に細身のデザインというシルエット。

ヒール

小ぶりでかかと全体をホールドしてくれるヒール。

そこには縦に2重線のステッチが施されている。

ソール

両足とも中心部に負荷がかっているのか、色抜けが進んでいる。

アスファルトの地面を歩くと、ソールがしっかりと噛むのを実感できる。

最初は少し硬さを感じる時もあったが、馴染んでからは所有靴の中でもトップクラスで歩きやすい。

ライニング

私の場合、ライニングはどの靴でも同じところが剥げる。

色味のはっきりしているライニングなので、変化がよく分かる。

スレがひどくなったら、修理も検討。

インソールやタンはシンプルな作り。

タンが薄手の一枚革なので少し丸まってきている。

どんな変化をしていくか

ヌメ革に手染めで仕上げられたムラのある色味。

履き込みやメンテナンスを行いながら、時間と共にその色味も変わっていくことが想定される。

今はこの色味に満足しているが、さらに進んだときにはパティーヌをお願いするのも面白いかもしれない。

次回の記録はまた1年後にでもつけようと思う。

そのときには、また面白い変化をしていることを期待。

leather-port
Home | leather-port
あわせて読みたい
経年変化の記録集
経年変化の記録集経年変化は革靴が好きな人にとって大きな魅力のひとつ。他のレザープロダクトと比べて過酷な環境下で扱われることから、履きシワが入り、ソールが削れる。それでも、定...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1992年11月生まれ。
190cmの大男の細かい趣味のブログ。
2020年より「こだラボ」を執筆し、2021年2月に「Lab.」に名称変更。
趣味は靴磨き・旅行・読書・ゲーム・ボクシング観戦。

コメント

コメントする

目次
閉じる