デリケートクリームを比較!

靴クリーム
Pocket

靴以外の革製品にも幅広く使える汎用性をもち、革に潤いと栄養を充填することのできるデリケートクリーム。

ろうの含有量は少ないので、一般的な靴クリーム(乳化性)と比べると、艶感は少なく落ち着いた見た目になります。

とは言っても、数多くのシューケアメーカーより発売されているので、どんな違いがあるかってなかなか判断できないですよね・・・(少なくとも私はそうです)

今回は各社のデリケートクリームを調べて、所有しているものについてはどんな違いがあるのかを検証してみました。

デリケートクリーム一覧

ざっと調べられるだけでもこれだけの数がありました。

各メーカーと1mlあたりの値段を算出しています。

ブランドモデル価格内容量1mlあたりの価格
SAPHIR NOIRNappa2,420円75ml32.27円/ml
SAPHIRデリケートクリーム1,100円50ml20円/ml
M.MOWBREYデリケートクリーム1,100円60ml18.33円/ml
M.MOWBREYリッチデリケートクリーム1,650円50ml33円/ml
BootBlackデリケートクリーム1,100円55ml20円/ml
BootBlackリッチモイスチャー3,300円100ml33円/ml
BootBlack シルバーラインデリケートクリーム880円55ml16円/ml
Collonilデリケートクリーム1,320円50ml26.4円/ml
ライオンプロテクトデリケートクリーム990円30ml33円/ml

※一部内容量の表記がgになっていたので1g=1ml(水と同じ計算)で計算しています

このように内容量も値段も多岐に渡りますね。

今回はこの中から私の所有している3つのデリケートクリームを比較していきたいと思います。

今回紹介するデリケートクリーム

左から・・・

  • M.MOWBREY デリケートクリーム
  • Boot Black シルバーライン デリケートクリーム
  • SAPHIR NOIR Nappa

今回紹介するのは上記の3つのデリケートクリームになります。

先述の通り、値段で比較した場合には、BootBlack シルバーラインのものが頭ひとつ抜けてますね。

それでは具体的な機能面について比較していきます。

成分の違い

各デリケートクリームに含まれる成分はこちらになります。

M.MOWBREY デリケートクリーム:ラノリン、油脂、有機溶剤

Boot Black シルバーライン デリケートクリーム:ろう、油脂

SAPHIR NOIR Nappa:ホホバ油、小麦プロテイン、ミンク油

どのクリームにも主成分として油脂が入っていますね。

中でも聞き馴染みのない成分をいくつか紹介します。

ラノリン

こちらは羊の毛から取れる脂を生成したものになります。

私は大学が薬学の専攻だったので馴染みのある成分でして、医薬品としては軟膏剤などに使うことがありますね。

似た成分でワセリンがありますが、ラノリンの方が艶が出やすいそうです。

ホホバ油

こちらはラノリンとは異なり植物由来の油脂になります。

皮膚への刺激性が低くて安全性の高いことから、化粧品などによく使用されています。

人の肌に用いる時と同様に、保湿力に優れて革を柔軟にすることが期待されますね。

小麦プロテイン

こちらは読んで字のごとく小麦由来のタンパク質のようですね。

シャンプーなどにも含有されていることがあるようで、おそらく髪でも靴でも傷ついたタンパク質の補修を目的としていると思います。

こうして各成分を見てみると、SAPHIR NOIRのNappaはまるで化粧品のような配合ですね。

乾燥比較

続いて、各クリームの乾燥までにかかる時間を比較してみました。

方法としては、各クリームを革の端切れに乗せて、指で塗り込みます。

その後に10分、30分、60分、90分後に観察してその状態を比較してみました。

まずは塗りはじめの状態です。

左からM.MOWBREY、Boot Black シルバーライン、SAPHIR NOIR

ではここから時間経過と共に変化をみていきます。

10分後

上:塗布直後 下:10分後

まずは10分経過しましたが、どのクリームにもまだベタつきがありしっとりしている状態です。

どのクリームも厚めに塗っているので、全体的にクリームの層が薄くなりました。

30分後

上:10分後 下:30分後

全体的に水分が抜けてきたような気がします。

若干ですが、M.MOWBREYのものが乾燥が早く進んでいるような気もします。

60分後

上:30分後 下:60分後

さすがに1時間立つとどのクリームもシミみたいな残り方になりますね。笑

手触りとしては、M.MOWBREYのものがサラサラしていて、Boot Black シルバーラインはややベタつきがあり、SAPHIR NOIRはしっかりベタつきがありました。

90分後

上:60分後 下:90分後

最後に90分後です。

M.MOWBREYは60分後と比較して大きな差はなく、表面はサラサラしていました。ライニング(靴の内側の革)に塗るにはこれが最も適しているのではないかと思いました。

Boot Black シルバーラインは更に乾燥が進んで、表面はツルツルになっていました。どのクリームも厚く塗っているのでシミのようになっていますが、このクリームは一番目立ちにかったです。

SAPHIR NOIRのものはまだベタつきがありました。

他のクリームとは成分にも違いがありましたが保湿という点ではこちらが一番なのかなと個人的には思います。

そして、どのクリームでもシミのようになっています。

クリームは厚塗りせずに、ブラッシングして均一に内部に押し込むことが必要ですね。

塗りすぎには気をつけましょう。

バイアス

今回の検証で先述の結果を示しましたが、拭うことのできないバイアスがあります。

  • 塗ったクリームの量が目分量
  • ブラッシングしていない

今回はあくまで目で見た同等量を指で塗り込んでいるだけなので、実際に丁寧にブラッシングをしたら、結果が変わってくる可能性もあります。

ポジショニング

ここからは独断と偏見で各デリケートクリームのポジショニングマップにしてみました。

まずは保湿×値段の2軸でみてみると・・・

先ほどの検証でもあったようにSAPHIR NOIRのものは保湿力がしっかりあると感じました。値段は高いですが、それだけのクオリティはありそうですね。

また、Boot Black シルバーラインは圧倒的なコスパですよね。

次に艶感×香りです。

SAPHIR NOIRは好みが分かれると思いますがよい香りが強く放たれています。

他の2つは普段使っているときに特別に匂いを感じることはありませんが、鼻を近づけてみると、Boot Black シルバーラインは有機的な匂い(ちょっと苦手)。

M.MOWBREYは絆創膏の匂いを薄めた匂い?に感じました。笑

そして靴に塗布して磨くと、SAPHIR NOIRとBoot Black シルバーラインは結構艶がでます。

一方で、M.MOWBREYは艶は控えめでマットに仕上がりました。

用途に合わせたおすすめ

今回は私の所有しているデリケートクリームの比較をしてみました。

どれがおすすめ?と言われて一概に答えられませんが、ざっくり棲み分けをするなら・・・

  • 汎用性 → M.MOWBREY デリケートクリーム
  • コスパ → Boot Black シルバーライン デリケートクリーム
  • 保湿  → SAPHIR NOIR Nappa

M.MOWBREY デリケートクリームはベタつきが少なく艶も少ないので、靴はもちろん他の皮革製品にも使いやすい印象でした。

デリケートクリームは一部を除き、皮革製品全般に使えますが、その中でもこのクリームは使いやすいと思います。

また、先ほども紹介したようにライニングに塗り込むのもこのクリームが使いやすいと思いました。

Boot Black シルバーラインのデリケートクリームはコスパはもちろんのこと、誰でも使いやすいです。

シミにもなりにくく、光沢も出るので自然な仕上がりを目指すあなたには適しているかも知れません。

このシルバーラインはBoot Blackの中でも初心者でも扱いやすいことを売りにしているようなので、扱いやすさと手ごろさはこれに勝るものはないでしょう。

最後にSAPHIR NOIR Nappaですが、こちらは値段は高いものの保湿をするという点では最も優れていると思いました。

香りも良く、靴磨きのひと時をより楽しい時間にしてくれるものですね。

艶もあるので、このクリームで自然に仕上げるのも良いですし、重ねて油性クリームを塗りこんで上品な艶感を楽しむのも良いかと思います。

今回はデリケートクリームを比較を記事にしてみました!

たかだか3つのクリームを比べるだけでも色んな違いがあり面白いですね。

普段何気なく使ってたクリームでなんとなくは分かっているつもりでしたが、こうして文章として書き出してみるとまだまだ知らないことが多すぎるのを実感します。笑

今後もこういったケア用品の比較も行なっていくので、是非ご覧いただけたら幸です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました