銀浮きを直す方法とは?

靴磨き
Pocket

私の趣味が靴磨きってことが会社の人達にも浸透してきたある日のこと。

先輩からこの靴も綺麗にできる?って渡された靴があります。

それがこの靴・・・

スコッチグレイン

スコッチグレインのストレートチップです。

お世辞にも管理が行き届いている人ではなかったため、トゥの部分がでこぼこしていたり、傷がついてる状態です。

特にでこぼこのところを気にしているようだったので、とりあえず引き取って手入れをすることになりました。

でも、このでこぼこしてる状態ってちゃんと手入れをしていてもできちゃう時ありますよね。

今回はこのでこぼこを直す方法を書いていきたいと思います。

でこぼこの正体

このクレーターのようなでこぼこは銀浮きと呼ばれてる状態です。

革の通気性に偏りがある状態で水に濡れた後に、水分が蒸発する時に局所的に起こります。

通気性の偏りというのは、クリームの厚塗りやワックスが不均一になっている状態であり、クリーナーなどで取りきれなかったクリームやワックスが中途半端に残っていたりする時に起こりやすいです。

そんな状態で汗や雨などで濡れると、革に染み込んだ蒸発する時に均一に出ていかないことから、革が押し上げられてしまいます。

私自身、普段からケアの際はクリーナーでクリームを落としたり、厚く塗らないようには心がけていますが雨に濡れると銀浮きが起こってしまう靴はあります。

綺麗に落としたつもりでも意外と残ってたりするもんです。

トゥの銀浮き

このミミズ腫れのような膨れ方。

なかなか痛々しい見た目ですよね・・・

こうなってしまった靴は普段だけでは元に戻らないことが多いです。

メカニズムを理解すれば簡単に直せる!

先述の通り、銀浮きが起こる原因は革から水分が出れないことによって起こると言われています。

したがって、この状態を直すには

  1. 革の通気性を阻害しているものを取り除く
  2. 一度水を足して革の水分バランスを整える
  3. クリームで栄養補給

以上のステップを行う事で銀浮きを直すことができます。

銀浮きを直す方法

それではここからは銀浮きを直す具体的な方法を紹介していきます。

私は普段の状態に合わせて2つの方法で銀浮きを直しています。

  1. 濡らしたキッチンペーパーを被せる
  2. 丸洗い

これらの方法はどれも革に水分を入れ込むことで水分バランスを戻します。

私は試したことがありませんが、水分量の多いデリケートクリームを塗り込みレザースティックなどででこぼこを押し込むというやり方もあるそうです。

どの方法を選ぶかは銀浮きの程度によると思いますが、より多くの水分負荷がかかる丸洗いです。

革靴に水をじゃぶじゃぶ浴びせますからね。

でも銀浮きを治すという効果では1番良いかなと思います。

靴は一度しっかりと水に浸かるので乾燥までに時間がかかったりするので、余裕のある時は丸洗いするのが良いかも知れません。

今回はひどい状態なので丸洗いで直していきたいと思います。

靴を丸洗いする!

丸洗いする上で必要になるのがサドルソープというものになります。

これは皮革用石鹸で、靴の表面を濡らした後にクリーニングすることで革の内部まで綺麗にすることができます。

使用方法は至って簡単で、スポンジで泡立てたサドルソープで靴を撫でるように洗うだけです。

スポンジも特にこだわりなく普通の食器洗いようのものを使っています。

サドルソープ

汚れを落とす

まずは靴ひもを外し、馬毛ブラシで埃を払った後にクリーナーで汚れを落とします。

今回は普段から手入れをしてない靴なので、少々強めのクリーナー(Saphir レノマットクリーナー)で汚れを落とします。

クリーナー後はこんな感じです

レノマットクリーナー後

とりあえず汚れは落としましたが、凹凸がはっきり分かるほどの銀浮きは残ってますね。

ぬるま湯で洗う

続いて、洗面台にぬるま湯を溜めて革靴をじゃぶじゃぶと洗っていきます。

ちなみに洗面台に靴は、、という方は大きめのバケツとかでも大丈夫です!

しっかりと靴を濡らしてください。

しっかりとぬるま湯につける

サドルソープで洗っていく

ここでサドルソープの登場になります。

まずはスポンジでサドルソープをとって泡立てていきます。

スポンジで作った泡でマッサージをするように洗っていきます。

この時の洗うイメージとしてはスポンジでゴシゴシ擦るというよりも、泡で撫でるというイメージです。

やはり濡れた状態での摩擦は靴を痛める可能性もあると思うので優しく行ってみてください。

水ですすぐ

サドルソープで洗い終えた後は流水で泡だけをサラッと落としてください。

サドルソープ自体に保革成分が入ってるので、目に見える泡だけを落としてあげるだけで十分です。

すすいだ後はタオルなどで水気を拭き取ってください。

ちなみにこの段階で既に銀浮きは解消しています。

傷はやや目立ちますが・・・

丸洗い後

乾燥させる

丸洗いをした後は乾燥させます。

この時に靴の内側が乾きにくいので、中にキッチンペーパーを詰めておきましょう。

これで6時間ほど風通しの良い場所に置いておきました。

同じキッチンペーパーを入れておくと、湿気が逃げなくなるので定期的に交換が必要です。

結構手間ですが、私は2〜3時間に1回交換していました。

ここで乾燥の偏りがあると、再度銀浮きが起こることもあるのでお気をつけください。

デリケートクリームを塗る

6時間ほど乾燥させるとアッパーはやや湿気を帯びている状態です。

この段階でシューツリーを入れて、デリケートクリームを塗り、豚毛ブラシでブラッシングをします。

デリケートクリーム塗布後
銀浮きが改善!

だいぶ綺麗に仕上がりました。

クリームとワックスで仕上げ!

銀浮きはここまで工程で改善していますが、油分も抜けているので油性クリームを入れて、ついでにワックスで綺麗に仕上げます!

油性クリーム、ワックス塗布後

これで完全に完成ですね。

最後にBeforeとAfterを比較していきましょう。

BeforeとAfterを比較

手入れ前後を比較します。

Before

ケア前 全体
ケア前 トゥ

After

ケア後 全体
ケア後 トゥ

銀浮きも綺麗になくなり、深いシワによって崩れていた形もかなり改善しました。

これで履いていけますね!

雨の日は可能な限り革靴を避ける

銀浮きの対処法を紹介しました。

銀浮きはご紹介した通り、濡れることによって起こります。

直すことは出来ますが、可能な限り雨の日に革靴を履くことは避けるに越したことないです。笑

それでも、仕事の都合上で履かざるを得ない場面も多い場合は雨用のものを一足ご用意しておくと良いのかもしれません。

また、どうしても自分で直せない場合には修理屋さんで対応してもらうことも安全策の一つになると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました