トゥスチールはつけるべきか?

その他のケア
Pocket

ソールが汚くてすみません。

革靴を履いているとソールが摩擦によって削れてきますよね。

地面と最も近いところで、足を支えるわけですから、それはしょうがないこと。

特にレザーソールのつま先ってものすごいスピードで削れていきませんか?笑

※ある一定のところまで削れると、そのあとはしばらく削れませんが

トゥスチールなしで3ヶ月ほど着用

こうならないように、つま先を守るトゥスチールという金属をつける方多いですよね。

しかし、一方で歩くときにカチカチ音がなったり、美学に反するという理由でつけない方もいます。

今回はトゥスチールをつけるべきかを考察していきたいと思います。

トゥスチールはつけるべきだ

結論から言えば、私はトゥスチールをつけることに賛成です。

その理由は、2つあります。

  • つま先の削れを防ぐことができる
  • トゥスチール装着のソールがカッコ良い

私の革靴に対するスタンスは長く大切に履くことを最も重要視しています。

ソール(トゥ)の減りを抑制してオールソールまでの期間を伸ばすことは長く履くには大事なことですし、見た目が好みなことも長期的保有するモチベーションにもなりますよね。

なので私はトゥスチールを積極的につけます。

トゥスチールをつけないとどれくらいソールが減るのか?

トゥスチールをつけることで明らかにソールの減りは少なくなります。

このメリットを可視化してお示しします。

実際に私の革靴でトゥスチールをつけているものと、そうでないものを比較しました。

左:Santoni トゥスチールなし 右:John Lobb トゥスチールあり

ご覧の通り、トゥスチールのついてない靴はかなりすり減ってますよね。

そして、この2足のステータスは下記の表のようになります。


Santoni John Lobb
トゥスチール なし あり
着用時間(2020年3月13日現在) 93 hr 97 hr

購入時期は同じくらいで、履いてるの時間はほとんど同じです。

しかし、ソールの減り具合はSantoniの方が進んでいることは明確だと思います。

この結果からも、トゥスチールのメリットを感じていただけたと思います。

カチカチ音はなるのか?

この音問題に関しては、つけるスチールによって異なります。

私の経験上、リペアショップで付けてもらったスチールは基本的に音はならないです。

一方、自分で取り付けたものはカチカチとなります。

左:リペアショップで装着 右:自分で装着

なぜリペアショップで取り付けてもらったトゥスチールは音が鳴らないのか?

それはソール全体が平らだからです。

この平らの理由はソールを削ってスチールを装着しているからです。

このようにリペアショップで取り付けてもらった靴は凹凸がないのに対して、自分で取り付けたものは、もともとのソールに乗せるようにネジで装着します。

そのため、どうしても凹凸ができてしまいます。

左:リペアショップで装着 右:自分で装着

自分でトゥスチールを取り付けた靴は、歩く時に地面にトゥスチールが当たりやすくなるので音が出てしまうわけです。

※注意

リペアショップでつけて凹凸のないトゥスチールでも歩き方によって音が出ることはあります。

まとめ

ソールの消耗を防ぎたければトゥスチールはつけるべき!

ただし、リペアショップでつけてもらうことがオススメ。


トゥスチールなし 自分で装着 リペアショップ
費用 なし 1.200円~ 3,000円~
カチカチ音 なし あり ほとんどない
ソールの磨耗耐性 低い 高い 高い

このように、トゥスチールの見た目が苦手でなければ、つけることによってソール(トゥ)の摩耗耐性が格段に上がります。

ちなみに私はミスターミニットさんでつけてもらいましたが、1足3,000円ほどでした。

その時は、1週間ほどお預けして装着してもらいました。

※2019年12月の情報

お気に入りの靴を長く履くためにも、トゥスチールの装着を検討してみて下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました