エイジングレコード 靴紹介

CARMINA(カルミナ)ストレートチップ エイジングレコード

投稿日:2020年5月18日 更新日:

Pocket

これまでの人生の中で買い物で勇気のいる決断ってあったでしょうか?

購入する直前まで、こんなモノを買って大丈夫だろうか?これは私が身につけて良いモノなのか?

そんな感情が揺れを強く感じて購入を決めたのが、CARMINA(カルミナ)のストレートチップです。

当時の私は価格帯で言えば、1つグレードの下がるYANKOなどの革靴を履いていました。

そんなCARMINAの靴を買うことを後押ししてくれたのは、シルエットの美しさです。

棚で見たときにその美しさに目を奪われ、試着時にこれまで履いたことのないような足に沿ったシルエットに感動したのを今でも鮮明に覚えています。

購入後にも靴ひもの予備やシューズバックがついていることに、素人ながら良いものは違うなとひとり興奮していました。笑

今回は私を革靴の沼に連れていってくれたCARMINAのストレートチップのエイジングを紹介していきます。

今回紹介する靴

ブランドCARMINA(カルミナ)
ストレートチップ
ブラック(表記:NEGRO)
ラストRAIN
ボックスカーフ
購入日2018年5月27日
価格¥72,600(税込)
備考レベルソ仕上げ、靴ひも変更済

少々見にくいですが、新品の時の画像がなかったので、購入後3ヶ月の時の画像を載せます。

着用状況

2年前に購入してからの半年間は、所有している靴も少ないことから週3回ほど履いて酷使していました。

当時の私はトゥスチールをつけることもしなかったので、ソールの減りは物凄いスピードで削れていきました。笑

ここ半年では月に1~2回ほどの着用回数で、履いている時間は約51時間でした。

2年間履くとこうなる

ここからは現在のCARMINA ストレートチップの状態を紹介します。

甲の履きシワ

2年間の着用ですが、シワの入り方はわりかし自然。

私の所有している他の革靴はもっと深く広いシワが入っているものが多いですが、この革靴は良い感じです!

ライニング

ライニングはたまにデリケートクリームなどを塗っていましたが、スレが多くあります。

ケアが忘れがちになるので、今後も入念に手入れをしていかないとですね。

ソール

・・・ごめんなさい。笑

この靴の着用頻度が少ない理由はソールです。

先述の通り、かなりの頻度で履いていたこともありソールは限界です。

早急にオールソールが必要ですね。

革の表面

マイクロスコープで観察

革の状態を細かく見てみましたが、黒の革靴は見にくいですね・・・

今後どう変化するか注目です。

余計なシワ

かかとを潰してしまったんです・・・

この靴を買った当時は社会人2年目ということもあり、仕事中もバタバタしていることが多く、得意先から先輩について帰る時に勢いよく踏んでしまいました。

今でこそ、こういったミスは少なくなりましたが、脱ぎ履きの多い人は気を付ける必要がありますね。

今後

まずはオールソールをする予定です。

ソール以外は問題ないので、綺麗にして履ける状態にしたいと思います。

ちなみにオールソールの記事も書いているので、よろしければどうぞ。

今回はCARMINA ストレートチップのエイジング記録を紹介しました。

CARMINAの靴は本当にシルエットも革も素敵な靴が多いですので、革靴の購入を検討されている方に少しでも参考になれば幸いです。

おまけ

CARMINAのバルセロナ店素敵でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-エイジングレコード, 靴紹介
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SANTARIの工房へ

レイジーマン 先日、会社の先輩からこんなことを言われました。 「靴を脱ぐ時に毎回毎回ヒモをほどくのが面談くさい!仕事でも使える何かええ靴ないんか?」 (大阪人です。笑) というのも、私たちの普段の仕事 …

JM WESTON シグニチャーローファー180の経年変化とローファーの選び方

革靴の中でも圧倒的にサイズ選びがシビアなローファー。 そしてシンプルで飽きのこないデザインだからこそ長く使えるものでありたい。 そんな願望を叶えてくれたのが JM WESTON シグニチャーローファー …

JOHN LOBB Philip Ⅱ エイジングレコード 4ヶ月

PhilipⅡ 言わずと知れたキング・オブ・シューズ JOHN LOBB(ジョンロブ)。 その創業は1866年。歴史のあるブランドです。 当初はビスポーク(オーダーメイド)靴を専門とする工房だったそう …

Saint Crispin’s (サンクリスピン)ホールカット

革靴に興味を持つようになってからずっと憧れていたサンクリスピンの靴。 見た目に惹かれたところが大きかったですが、足を入れてみて更にその魅力に驚かされています。 ありがたいことに昇格が決まったため、その …

【保存版】エイジングレコード

経年変化は革靴が好きな人にとって大きな魅力の一つだと思います。 足を入れて歩行することから、他のレザープロダクトと比べて過酷な環境下で扱われます。 例外なく甲には履きシワが入り、ソールは削れ、タイミン …

Profile

27歳

良いものを長く大切に使うことがモットー。

革靴をメインにこだわりを記録、研究するために「こだラボ」を運営しています。

・薬剤師

・カラーコーディネーター2級

日々の生活でこだわりのあるものを記録